DECA JAPANが大切にしているのは「自分で考え抜く力」

DECA JAPAN概要

  • 名称:DECA JAPAN (呼称:デカジャパン)
  • 設立:2016331
  • 運営:一般社団法人カピオンエデュケーションズ
  • 理事:曽我弘・能登左知
  • 目的:日本の発展を担うビジネスリーダーを早期育成する

沿革

  • 2016年 創設者の曽我弘と能登左知が高校生を対象とした起業力塾(旧GTEイノベーションチャレンジ、DECA JAPANの前身)を始める
  • 2018年12月「中小企業庁創業機運醸成賞」受賞
  • 2020年2月 起業力塾を受講した生徒が累計100名となる
  • 2020年5月 起業力塾を完全オンラインプログラムとして提供開始
  • 2020年8月 DECA JAPAN生徒会役員が取りまとめた教育政策提言書を文部科学省に毎年提出を始める。
  • 2021年1月 保護者塾開講
  • 2021年10月  Terakoya塾開講

MISSION ミッション

無限の可能性と選択肢に気づき、自らの意志で行動できる人を育む

VISION ビジョン

世の中の問題をビジネスで解決できる人の育成

理事・能登 左知

人は周りの環境だけでは成長せず、己のなかから強い気持ちが湧き出てこそ、そこに未来が現れます。無限の可能性を見いだせる、自立した若者の育成を目指します。そして「起業力」が日本のすべての子どもたちが学べるようにするために、文部科学省の教育課程において標準化することを最終ゴールとします。

米国・カンサスシティ美術大学インダストリアルデザイン学科卒業。(独)中小企業基盤整備機構や(公財)東京都中小企業振興公社のインキュベーションオフィスにおいて、IMとして従事する。その後、曽我弘とスタートアップを支援・メンタリングする(株)カピオン設立。NEDO「研究開発型ベンチャー企業等への事業化促進に係る助言プログラム事業」事業カタライザー

理事長・曽我 弘

みなさんこんにちは!未来の日本の子どもたちが、世界中にいるリーダーの卵たちと一緒に学び合いながら友情が生まれ、日本の未来を作るビジネスを始められる、そういう場を提供したいと強く願っています。私たちはスタートアップを育む根底から創造していきたいと思います。

新日鉄退社後、1991年〜2010年までシリコンバレーに移住。1996年に、画像圧縮技術開発ベンチャー企業「Spruce Technologies, Inc.」設立。同社をAppleへ売却後、NPO「SVJEN」を設立、バイオ関連ビジネスや日米スタートアップのメンターとして支援活動を行う。2010年末に帰国後、能登左知と(株)カピオンを共同で設立し、NEDOと協力してスタートアップ企業支援を行う。

DECA JAPAN エコシステム

DECA JAPANの代表、アドバイザリー、現役生徒会、Alumni、メンターたちです。

ニュースレター 登録する

月1回程度最新の活動についてご案内します。